大企業で出世している人たちと関わって気付いたこと

就活・キャリア

出世

まだ学生だけど、大人と関わる機会は多少ある。今日は、その中でも出世している、あるいは給料が高そうな人たちの共通点を、学生の視点で語ってみます

サラリーマンばかり(しかも大企業)なので、サンプルが偏っています。その点はご了承ください。

めちゃめちゃ人が良さそう

「性格良さそうだな」と思わせるチカラがある。

私が見た出世している人は、エネルギッシュなタイプか、穏やかそうなタイプかのどちらかに分けられる。

前者は、すごくエネルギッシュで、外見もいかにも「僕はエネルギッシュです!!」という感じである(褒めてます)。営業の人とかは、8割以上エネルギッシュタイプである。ほら、髪がツンツンしていて爽やかオーラ出してる男の人、よくいるじゃん。あんな感じ。

穏やかそうなタイプの場合は全身からにじみ出る「いい人オーラ」を持っている。特に笑顔の安心感はすごい。あの癒やしオーラはいったいなんなんでしょう。ちょっと分けてほしい。

いずれにせよ、話しかけやすいオーラを放っていて、実際に話しても楽しい人が多い。人を不快にさせない能力を有している。

でも、出世している人でコミュ力ない人を知らない。大企業の中で出世するには必須なんだろうな。たぶん独立している人とかはこの限りではないのでしょう。

余談ですが、性格が「良さそう」というだけであって、「良い」とは限らないんだよね。部活のOBさんで、20代前半で転職して1000万プレーヤーになった人がいるけれど、表面上はすごく穏やかそうな、人畜無害そうな顔をしているのに、私生活はわりとアレな人である。まあ、仕事できれば社会人としてはいいんじゃないか、と思います。まだ学生だけど。

とにかくメールのレスポンスが早い

実際に、問い合わせのメールが一分で帰ってきた。内容は、「この間買った製品の、この部品の図面があったら送ってくれ」というもの。このメールに返信するには、

  1. 「この間買った製品」を割り出す、記憶してたら思い出す
  2. 部品の図面を探す
  3. 返信メールの文面を作成して、図面を添付する
  4. 送る

という4行程が必要なのに。1分て。別に不可能なことではないけど、すごい。さすが年収ランキング上位の企業、ていうかまあ、キ○エンスなんだけど。あそこの営業の方のスピード感覚はちょっと異常なほどである。

他のメーカーの営業さんとも多少関わりがあるけれど、だいたい問い合わせの返事は翌日。しかも15時をすぎると返事はさらに1日延びる。ぜひ見習ってください!お願いします!!

また、業界トップのメーカーの研究所で史上最年少で室長になった方も、仕事がとにかく早い。何かを頼むと、期限の目安や、社内での仕事の流れを教えてくれる。そうしてくれるおかげで、「あれはどうなっているんだろう?」という余計な心配をせずにすむ。

誰でも知っている会社の役員の方に、大学主催のOB会でご連絡したとくも、レスポンスが非常に早かった。たぶん非常にお忙しい方のはずなのに、仕事が早くて、感動すらした。

これは想像だけど、たぶんタスクが溜まることの怖さを知っているのでしょうね。一つ一つの細かいタスクっていうのは、溜まると、本当に、本当にめんどくさい小さなタスクを溜めずにパパっと片付けるという習慣がついてるかどうかで、社会人としての能力がわかるのではないかなーと思います。まだ学生だけど。

スポンサーリンク

権力者と仲良くしている

さっきまでいいこと言ってたのに。急に汚い話になったね!でも、見てて本当にそう思ったの!!

とある学会に参加したときのこと。立食の懇親会があった。若手から中堅、大御所まで入り乱れての大きな会だった。私は知り合いもほとんどいないし、適当に周りの人と話していただけだったけれど、中堅どころの人たちの動きが2種類あることに気付いた。

1つ目は、私と同じように近くの人とただ話している人。2つ目は、明らかに人を探す素振りを見せている人。そして、明らかに話す人を変える頻度が高かった

「あれ?あの人さっきも人を探してたな?」と思った私は、周りの人にその方々が話に行っていた人たちのことを聞いてみた。すると、分野の大御所の人たちだけでなく、共同研究をしてくれそう(お金をくれそう)な企業の方にも声をかけていたことが分かった。

また、とある会社の飲み会に招待してもらったときのこと。「学生だれでも歓迎!」という感じのゆるい飲み会で、社員さんと学生の比率は半々ぐらい。全部で40人くらいはいたかな。その場に、お偉いさんが2人居た。その両方に話しかけるために移動した若手の社員さんは、3人だけだった。あとで、その3人について聞いてみた。

「あの3人て、どういう人たちなんですか?」と。社員さんは少し驚いたようにこっちを見て、「ああ、こないだチームリーダーに選ばれた3人だよ」と言った。ふーん、やっぱりね

出世というのは、基本的に自分より立場が上の人の評価によって決まるものだ。だから、権力を持っている人に気に入られるような振る舞いも社会人として必要な能力なのかもしれない。特に、お酒の場だと顕著なんじゃないだろうか。たかが飲み会、されど飲み会。社員同士が集まっているのなら、それはすなわちビジネスの場、なのだと思う。まだ学生だけど。

まとめ

学生から見た出世できる人の特徴は

  • 性格が良さそう(良いとは限らない)
  • メールのレスポンスが早い(≒タスクを溜めない)
  • 権力者と仲良くしている

という点でした。個人の努力だけでなんとかできるのは2つ目だけな気がする。世は無常なり。

ここまでご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。 よければ応援お願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ

就活・キャリア

Posted by yuki_oshino