大学生必見!一人暮らしであれば助かるもの5選

大学生活大学生活, 一人暮らし

一人暮らし困るこんにちは、ゆうきです。

一人暮らし歴も5年目に突入した私が「なくても生活できるけど、いざというときあればすごく助かるもの」を5つ、お教えします!

レトルトおかゆ&スポーツドリンク

一人暮らしあるあるといえば「風邪をひいたとき困る」ですよね!

何より困るのが、「体調が悪すぎると病院に行くことすらできない」ということです。

とりあえず「病院に行く体力」を復活させなきゃいけない。

そんなとき、食べものと飲み物がないと、マジで困ります。

つい先日、私も風邪をひいたのですが、これらのストックにめちゃめちゃ助けられました。

常備薬はストックしてある人が多いでしょうが、いざというときの飲食物の備えは大事です。

トースター

パン派は必須。

最近の電子レンジはトースト機能がついているものもありますが、正直おいしさが段違いです。

パン派でなくても、一人暮らしを初めて少し経って慣れてくると、料理のレパートリーを増やしたくなるもの。そんなときトースターがあればレパートリーがぐんと広がります。具体的には、余り物のカレーやシチューでドリアを作ったりとか。

ちなみに、多機能である必要はないです。私はお正月セールのときに2000円で買ったものをかれこれ4年使っていますが、十分です。

栓抜き&缶切り

いざというときにないと困るもの。

普段はあまり使わないかもしれませんが、他人を家に呼んで飲み会するときに、せっかく持ってきてくれたおいしい缶詰や瓶のお酒が開けられないともったいないです。(実話)

本当に使うときが訪れる前に買っておくのが吉。

スポンサーリンク

シュレッダーor個人情報保護スタンプ

一人暮らしだと、公共料金の領収証からよくわからないDMまで、自分宛ての郵便物がばしばし届きます。

でも、それをそのまま透明のゴミ袋に入れるのは考えもの。ゴミから個人情報を抜き出すのは常套手段。ストーカーなどのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

それを防ぐために有用なのが、シュレッダーや個人情報保護スタンプです。

私は最初、個人情報保護スタンプを使っていました。100円ショップでも手に入るし、シュレッダーよりはお手軽かなーと思ったのです。

しかし、すべての郵便物にスタンプするのが面倒&光の加減で読めてしまうので、シュレッダーに乗り換えました。書類を差し込めば自動で裁断してくれるので、非常に楽ちんです。

現金

いざという時のために、絶対お部屋に置いておくべき!

「銀行の手数料無料だから~」とかいって現金持ち運ばない生活していると、財布盗まれたときに困ります!!(実話)

金額は「実家に帰れる金額、あるいは2週間生活できる金額」のどちらかが良いです。なぜ2週間かといえば、だいたいキャッシュカードの再発行には1週間ちょっとかかるからです。ちなみに財布を盗まれたらすぐカード会社に連絡&カード再発行しましょう。

お金の置き場所ですが、万が一空き巣が入ったときのことを考えて隠しておきましょう。タンスの中や冷蔵庫、ベッドの下などはベタなのでやめておいたほうが良いです。金庫があればそれがベストですが、たぶん一人暮らしの家にそんなものはないと思います。

警察の友人いわく「雑誌などの途中のページにテープで貼る」のが見つかりにくいそうです。本の間に挟むだけだと振ったら落ちてきてしまうので、テープで貼るのがわりと良いとのこと。

まとめ

一人暮らしの人向け「なくても生活できるけど、あればすごく助かるもの」は

  1. レトルトおかゆ&スポーツドリンク
  2. トースター
  3. 栓抜き&缶切り
  4. シュレッダーor個人情報保護スタンプ
  5. 現金

というお話でした。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

よければ応援お願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ